桔梗が丘松岡行政書士事務所|徒然ブログ

三重県名張市の行政書士事務所|桔梗が丘松岡行政書士事務所
桔梗が丘松岡行政書士事務所 > 桔梗が丘松岡行政書士事務所|徒然ブログ
桔梗が丘松岡行政書士事務所 所長ブログ

定款はどこにある?!

許認可を取得しようとすると、役所から、定款の写しの提出を求められることがあります。

そこで、お客様に定款のコピーの用意をお願いすると・・・

よく言われるのが

「定款ってなんですか?」

さらには・・

「定款って法務局でもらうんですか?」

・・・・ちがいまーす!!!

定款がどこにあるかといいますと、それは・・・

会社にあるんです。

定款は、会社を設立するときに、法務局で認証手続きをしてもらうので、法務局でとるものだと勘違いされているのだと思いますが、認証後の定款は通常、会社で保管しておきます。

CD-Rにデータを保存している方もいらっしゃいます。

許認可を取得する際、役所に提出するときは、保存してある原本をコピーして、これに原本証明して提出します。

※原本証明は定款の最後のページの余白に、「原本と相違ないことを証明する」と記入して、会社のゴム印と法人印を捺印すればok

許認可をたくさん取得されている会社さんは、よくご存じで、すでに原本証明したものを何枚かコピーして保管してくださっていることも。

こうして準備しておくと、とてもスムーズに書類集めが進みます。

定款の目的欄はとても重要で、これから新規事業を始めたいなぁ。と思っても、あらかじめその事業内容が定款の目的欄に記載されていないとダメなんです。

定款作成の際は、自分がどんな事業をやっていくのか、考えられるものをすべて記載しておくことが重要です。

2018年10月23日2:20 PM0件のコメント

外出多めです

行政書士といえば、難しい手引きや法令を調べたり、書類作成のために一日中パソコン作業に追われている.

そんなイメージがあるかもしれません。

でも実際には、戸籍や住民票・納税証明書などの各種証明書の収集のために役所を回ったり、お客様へ書類への捺印をお願いに行ったり、忙しくなればなる程、結構外回りに出る時間が多くなります。

その分いかにデスクワークの時間を確保するかが課題です(-_-;)

 

本日は、建設業許可の業種追加と専任技術者の変更申請に伊賀庁舎6階にある建設事務所へ。

伊賀庁舎

 

ついでに、3階にある環境室へ寄って、先月提出した、現在許可審査中の産業廃棄物収集運搬業許可申請の有効期限の切れた車検証の差し替えにいきました。

庁舎内には、他にも保健所や県税事務所があり、行政書士になったら頻繁に通うことになります。

申請場所が同じ館内にあると移動が楽なので助かります。

あとはコピー機があれば非常に便利なのですが(^-^;

さてさて、お隣の敷地では、11月に完成予定の伊賀市役所が、本館や外壁はほぼ完成されていました。

建設中の伊賀市役役所

伊賀市らしい和をとりいれた重厚感のある素敵なデザインですね。

こちらは来年1月に移転予定だそうですよ(^^♪

2018年10月12日3:56 PM0件のコメント

森林の土地の所有者になった際の届出

相続・贈与・法人の合併等により森林の土地を新たに取得した場合は、森林の土地の所有者の届出が必要です。

この届出は、個人・法人にかかわらず、面積が小さくても届出の対象となります。

いつまでに届出が必要ですか?

所有者となった日から90日以内に、取得した土地がある市町村の長に届出が必要です。

相続の場合、財産分割がまだ済んでない場合でも、相続開始の日から90日以内に法定相続人の共有物として届出をする必要があります。

2018年9月28日2:55 PM0件のコメント

農地転用・非農地証明


おはようございます。

日中の日差しはまだまだ厳しいですが、朝晩は涼しく過ごしやすい日が増えてきました。

7.8月はこちらの場所へ足繫く通っておりました(^-^)

伊賀市農業委員会阿山支所

農業委員会

伊賀市の農業委員会では、毎月20日が書類の受付〆切日となっており、それまでに受付された書類に関して、当月末に現地立ち合いが行われます。

今月は、2件(農地法第4条の許可申請1件、非農地証明1件)の現地立ち合いを済ませました。

現場では、地区ご担当の農業委員会さん農業委員さん推進委員さん同席のもと

提出された書類と現況に違いがないか確認されます。

ひととおり現場をチェックして問題なく受理してもらい、ほっとひと安心。

事務所に戻ると、先月提出し、現地調査も済ませていた「太陽光発電施設設置にともなう農地法第5条許可申請」の許可が無事におりたと連絡が入り、農業委員会まで許可書をとりにいってきました。

この農地転用手続きは、二つとして同じケースはなく、地区ごとのローカルルールが存在していることもしばしば・・・

この存在を知っているのと知らないのでは、申請手続きの進み具合に差がでてくると思います。

毎月の申請締め切り日(20日)を過ぎてしまうと、申請は1か月間先送りとなってしまいます。

予定していたよりも、時間がかかってしまった・・!

なんてことの無いように、農地法に関する手続きは専門家に任せておいた方が安心です。

「確認書」への捺印が必要な、農業委員さん・推進委員さん、

「協議書」への捺印が必要な区長さんへのご連絡も、安心して当事務所に全てお任せください!

その他、ケースによっては、地元水利組合・農村整備課・建設部企画管理課等への連絡が必要になる場合がございます。

申請漏れのないよう、許可取得までサポートさせていただきます。

黄金色に実った名張市内の田園風景

2018年8月31日8:30 AM0件のコメント

外字エディタ

こんにちは。

ここ何日か肌寒い日が続いていていますね。

そろそろ分厚い洋服はしまいたいのですが・・まだまだ事務所のストーブが活躍しています。

さて、今日はパソコンのお話です。

たとえば相続が開始されると、不動産などの相続手続きの際に、「相続関係説明図や遺産分割協議書」が必要になってくるのですが

この書類作成の際に困ることがあります・・・

それは・・・「パソコンに漢字がない。」

お名前に使われている漢字が特殊なものでパソコンで変換しても出てこない。ということがあります。

相続手続きに記載する漢字は、戸籍上のものと同じものを記載しなければならないので

「似たような漢字はあるんだけど・・線が一本足りない!」

・・困ってしまいます。

該当漢字部分を手書きしてもいいのですが、、出来上がりはいまいち。。

そういう時は、Windowsに標準装備されている「外字エディタ」を使えば漢字を作れるんです!!

右→加工前

左→加工後

赤丸部分が変わっています。

これを使えばどんなめずらしい漢字でも作成することができます。

とっても便利ですね。

本日は、パソコンツールのご紹介でした(^^)

2018年5月9日12:19 PM0件のコメント