事業再構築補助金が採択されました!|お知らせ

三重県名張市の行政書士事務所|桔梗が丘松岡行政書士事務所
業務案内<お知らせ>

事業再構築補助金が採択されました!

いつもありがとうございます。

先日、第2回事業再構築補助金の採択結果が発表されました。

弊所からも1件お客様の申請サポートさせていただいておりましたが、なかなか結果が発表にならないのですっかり忘れて(?)いたところ、

お客様から「あの補助金どうなった~?」と連絡が。

どうやらお客様のところに採択結果のメールが届いたようです。

いままで、持続化補助金や都道府県、市町村の補助金などいくつか申請してきましたが、他の補助金とは比べ物にならないほど難易度が高いなぁと感じたこの事業再構築補助金・・・

正直、申請した時は自信がなかったのですが・・・結果は採択されていました!!

お客様に大変喜んでいただけて、必死に頑張った甲斐がありました~。

事業再構築補助金

ちなみに名張市内で採択されたのは3件だったようです。

その中の1件に選ばれたのがすごく嬉しくて・・・

お客様から「自信をもってね!!」とお褒めのお言葉を頂戴しました。

何をやるのも不安が先立ってしまって自信がないのがわたしのよくないところですが・・・今回採択をうけて少し・・・ほんの少しだけ自信につながりました。

事業計画書を作成している間中お客さまの顔が目に浮かんできました・・・

逆にいえばお顔が浮かんでこない方の事業計画書など作成してはいけないのではないかと思います。

普段からの信頼関係が土台にあって、お客様が目指しているゴールを共有している関係性だからこそ完成できた事業計画書です。

さらに許認可や行政手続きに精通している行政書士だからこそ書けた内容であったと自負しています。

補助金は、採択を受けるのが目的ではなく、補助金をつかってお客様が目指すべき結果を得ることが大切です。

そのためには何よりもゴール(欲しい結果)を明確にすることが重要。

「自分が目指しているゴールはどこなのか。」

採択を受けたあとは報告書類が山のように待っています。

補助金は、申請から報告最後までお付き合いのできる信頼できる人に依頼するのが賢い選択です。

お客様の声を掲載しました

「相続と遺言のあんしん相談窓口」をご利用いただいたお客様よりアンケートを頂きましたので掲載させていただきます。

相続と遺言のあんしん相談窓口|三重県名張市

Q1. お住いの地域と性別ご年齢を教えてください。

A.  伊賀市在住、 60代、 女性

Q2. 今回、相続と遺言のあんしん相談窓口にご依頼いただいた内容を教えてください。

A. まるごとおまかせプラン、 相続税の申告(提携税理士)、 不動産の名義変更(提携司法書士)、 農地の届出、 準確定申告(提携税理士)、 未登記家屋所有者変更

Q3. 相続と遺言のあんしん相談窓口をどちらでお知りになりましたか?

A. チラシを見て

Q4. お手続きのサポート内容にはご満足いただけましたか?

A. 満足

Q5. その他ご意見(今後して欲しいこと・改善点など)や、相談するまで不安だったことや、メッセージなどございましたらご自由にお書きください。

A. 71才と69才の高齢者に取って突然93才の母が天国へ。役場に行ったものの成すべきことが沢山書いてある用紙を受け取り気が遠くなり困って居る時に松岡先生を知りお願いしました。心暖かく親切丁寧な対応で提携の各先生方へ連絡し仕事をして頂き大変助かりました感謝です。1人の先生にお願いして全てが完了する事が出来てありがたいです。

——————————————

チラシをご覧いただき、『ここだけですむのか!」の文言に惹かれて来た。』とおっしゃってくださいました。

遠方にあるたくさんの不動産を相続されて、相続財産の合計が相続税の控除額を超えていましたので、弊所を窓口として税理士、司法書士と連携をとりながら、必要なお手続きを全て進めさせていただきました。

お客様からは「わざわざあちこちに足を運ばなくて済むので大変助かりました。」と大変喜んでいただけました。

この度は弊所にご依頼いただき誠にありがとうございました。

セミナー講師をつとめさせていただきました

セミナー講師7/10に三重県名張市の武道交流館いきいきで開催されました、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(FP協会)さんの継続教育研修会の講師役をつとめさせていただきました。

テーマは自由に決めていいということでしたので、コロナ禍で弊所へのお問い合わせも増えてきている「公正証書遺言」について、行政書士の立場としての実務も交えながらお話させていただきました。

約90分の講義で終了後の質問タイムでは、たくさんの方が積極的に手を挙げて質問していただき、有意義な時間を共有させていただきました。

FPの皆さんはとても広い範囲の試験をパスされている方ですので、大変勉強熱心でいらっしゃいますね。

今回が初めての講師役でしたので、次回はもっとこうできたらいいな。など、反省点もあり。私もたくさんの刺激をいただいた一日でした。

このような大変な状況下において、感染症対策をしっかり講じてセミナーを開催してくださった、協会運営の方々本当に有難うございました。

セミナー講師桔梗が丘松岡行政書士事務所

 

オンライン相談会を開催しました!

今日は七夕ですね。名張はあいにくの雨模様です。

かねてよりお知らせしていましたように6/27(火)にキラク主催ZOOMを利用したオンライン無料相談会を開催しました!

当日は3組の参加があり、介護法人の立ち上げにともなう経費の仕分けについてや、借入金、新規事業参入、補助金などのご相談をお受けしました。

相談会の様子はこちら

オンライン相談会

伊賀名張士業グループキラク

伊賀市名張市士業グループキラク

地元ケーブルテレビのアドバンスコープさんがテレビ取材に来てくださり、相談会の様子が夕方のニュース番組で放送していただきました!

伊賀市名張市士業グループキラク

早速お客様から「テレビ見たよ~」とお声をかけて下さって、恥ずかしいやら嬉しいやらで。

今回のオンライン相談会は私にとってはものすごくインパクトの強いといいますか、今後の方向性や、我々の存在意義をものすごく考えさせられた相談会になりました。

相談者さまのお話に真剣に耳を傾け、最善のアドバイスをしようと皆で意見を出し合うこの時間を共有することが、確実にメンバーそれぞれの個々のレベルアップにつながっていると思います。

5人のプロ集団に囲まれて、まだまだ私は未熟であると実感した1日でした。

相談会が終了してメンバー皆で反省会(?)というか意見の出し合い。

やはり相談会は対面式がいいよね。という話になりました。

オンラインはわざわざ移動することがないので時間が短縮できたり、スピード感がめちゃくちゃありますが、わたしたちのように地域密着で活動をしている者にとっては、一人ひとりとお会いしてのんびりゆっくり気楽にお話をおうかがいする方が合っている気がします。

またコロナが落ち着いたら皆さんにお会いして「相談カフェ」開催したいなぁ。

伊和新聞社さんに掲載していただきました

伊和新聞社「地域力底上げ隊」

6/27(土)付け伊和新聞社の「地域力底上げ隊」記事に掲載していただきました。

行政書士を目指したきっかけや、キラクを立ち上げた経緯などについて紹介してくださっています。

掲載いただき誠にありがとうございました。

オンライン無料相談会を開催します!

オンライン無料相談会

6/29(火)キラクとしては初めてのオンライン無料相談会を開催します!

本日開催場所であるキラクメンバーの米沢弁護士の事務所でオンラインのセッティング(モニターとウェブカメラ、マイク設置・テスト)を行ってきました~。

パソコン設定に詳しい方に助っ人をお願いしましたが、予定よりも大分時間がかかりました・・・他にも笑える小さなトラブルもあり(笑)何でも始めるときは準備が大変ですね。

これもいい勉強になりました。

相談会は先着5組さま限定です。

今回は、コロナ禍で大変な状況におかれている介護事業者・高齢者福祉施設事業者さま向けに絞って開催させていただきます。

 

当日は四日市から「資金繰り会議」代表の鷲尾裕二先生がゲストに来て下さる予定です。

資金繰りや、人員不足などでお悩みの事業者さまがいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

☎0595-62-7811 桔梗が丘松岡行政書士事務所

どんな仲間と未来を拓いていこうか

今日は、いつもお世話になっている名張市青蓮寺にあるユノカフェさんの姉妹店「キッチンユノ」さんが、伊賀市西大手町に3月オープンしたのでキラクのメンバーと一緒にランチしてきました!

キッチンユノ

写真は新メニューのミスジ丼です。ユノカフェさんとは、またお店の雰囲気もメニュー内容も全然ちがうお肉料理がメインの男性客にも利用しやすいお店です。

この日は四日市から元銀行員の中小企業診断士さんもお越しいただいて、キラクのメンバー+中小企業診断士で、コラボ企画できないかな・・・色々と楽しいお話ができました(^^

仲間と未来を語る時間・・・こういうときが一番ワクワクします。

来月には皆さんにお知らせできると思います。

誰にでも限られている人生の残り時間を誰と共有していくのか・・・とっても重要なことですね。

最近少し人付き合いで疲れてしまって・・・

でも「もう我慢しなくていいんだ!」と自分を許すことができたら、すっと気持ちが楽になりました。

「人には合うあわないがある。」「合わない人とは無理に付き合わなくていい。」だから私は信頼できる人を大切に前に進んでいけばいい。

「人を傷つけること(SNSに悪口を書くなど)に限りある時間をつかう」人を人生の大半を費やす仕事のパートナーに選ぶなんてことは、私はありえないですし、そんなパートナーと一緒にいて明るい未来が作れるわけがありません。SNSが悪口まみれ・・・なんて事は書いている本人にとってもイメージダウンでしょうし、プラスに働くことはないと普通の大人なら分かると思うのですが・・・それほど自分を見失っている状態だとも言えます。まぁどちらにせよ、遅かれ早かれ、いずれその人は今まで自分がしてきたその行為の責任を自分自身でとることになるでしょう・・・残念なことですが、その事に本人が気づくまで、何度も同じことを繰り返していくのでしょう。

自分の気持ちの整理がついたら、新しい出逢いと動きがでてきたからほんと不思議です。

大切なのは「自分が決める」ということ。(決めるまでの心の整理が難しいんです。)決めてしまえばあとは行動にうつしていくのみ!

計画が上手くいっているときは自分自身に「浮かれるな・・・」と戒めて、失敗が続いたり上手くいかないときは「きっといつかこの経験が糧になる・・・」と自分を励ます。

これが私なりに長く平坦につづけて上手くやっていくコツです。

さぁ、今日も家族が元気でお仕事が楽しくできていることに感謝!

経審の準備をすすめます(^^)

チームで動くときに一番気をつけること

ここのところ、いままでやったことのないことに携わらせてもらっておりまして・・・

私は割と新しいことにチャレンジするときは、不安が先に立つ方でして、、眠れない毎日を過ごしておりました。

それがちょっとひと段落して、なんとか大台にのることが出来たので少しほっとしています。

といっても・・まだまだこれからなので気は抜けませんが・・・

さて、題名にもありますように、チームで一つのことを目指して動いていると

思いもよらないところから、思いもよらないハプニングがおこったりするものです。

なるべくリスクを想定して、「こういうことをしたらこうなるだろうな・・・」と想像しながら行動に移しているのですが

チームで動いていると自分の意図していることが正確に相手に伝わっておらず、その些細な勘違いからとんでもない問題がおきてしまったり・・

そのようなことさけるために私が一番気を付けているのは、確認です。

人にはミスをしやすい人とそうでない人がいますが

どちらにせよ、早く気づけばその分リカバリーしやすくなるものです。

早めの確認。

ここで求められる確認というのは、ただ単に「先方に一方的にお知らせする。」ということではなく、

「相手がその情報を確認して承諾したか。」まで自分の目や耳で確かめることが求められているのだということを気づいて欲しいと思います。

はじめてのe-tax申告できました!

毎年のことですが、、(笑)本日〆切まであとわずか・・・というところで(今年はコロナの影響で締切日が1か月延長されました)弊所の確定申告を終えました。

昨年までは紙に印刷したものを税務署の窓口まで持参していましたが、今年の確定申告分から、電磁的記録の備付けおよび保存をしている場合または電子申告(e-tax)を利用して申告している場合以外は、控除額が65万円→55万円に減額されてしまうので、はじめてICカードリーダーを購入して電子申告にトライしてみました!

ICカードリーダー

結果は、とっても簡単にできました~!!

は~。よかったよかった。

これならわざわざ税務署までもっていかなくて済みますし、楽ちんです♪

何でも自分でやってみないと分からないものですね。送信後にはメッセージBOXに、お馴染みの送信メッセージ受付通知メールが届いていました。「おぉこれはいつもお客様に提出をお願いしているやつ!」と思ってしまいました(笑)

さぁ、これで安心して引き続き仕事に取り組めます(^^)/

 

 

持続化補助金の実績報告が完了しました

こんにちは。

昨年夏に採択された令和元年度補正予算第2回持続化補助金の事業完了実績報告書の提出を済ませました~。

持続化補助金報告

補助金というのは、採択された方はご存じだと思いますが・・・取るのはわりと簡単というかコツを知っていれば採択されやすいと思うのですが、

事業を行ったあとの報告がめちゃくちゃ大変です!!

今回は特に「事業再開枠」が設けられていて、マスクや消毒液やアルコールなどの消耗品も購入しましたので、このような消耗品を購入した場合は「受払簿」という、いつどこからいくらで消耗品を納入して、いついくつ消耗したかを記録した帳簿を添付しなければならないのです。

報告の時にそんなの聞いてない~!とあせっていてはダメ(私です)ですよ~。ちゃんと手引きに書いてありますから。

持続化補助金手引き

弊所では、顧問契約をしてくださっている方もしくは、継続的にお付き合いのある(許認可申請など)方についてのみ補助金申請のサポートをさせていただいております。

「補助金は取っておわり。」ではなく、事業計画~採択~事業実施~経過報告~会計・帳簿報告~完了報告ここまですべて包括的にサポートさせていただくことが何よりも重要だと考えているからです。そのために普段からの信頼関係が築けている方のみご依頼をお受けしています。

補助金は上手く利用すれば、事業拡大、販促に大いに役立つと思うのですが、使い方を間違えると本業に支障を与えかねません。

「なぜその補助金が必要なのか。」「補助金をつかってどんな事業を行いたいのか。」「事業を行うことでどんな効果が得られるのか。」

しっかりと事業計画書に落とし込んでその通りに実行していく必要があります。

こういう事も実際に自分で申請・報告してみないと分からないものですから、今回は私にとっても大変勉強になりました。これでお客様に、補助金のメリットだけでなく、デメリットまで具体的にアドバイスして差し上げることができますから。

 

さぁ、3月も明日でおしまいですね(^^)

4月は農転×2,相続手続き、建設業の決算変更届、経審、、やることたくさんです。

ポカポカ陽気な日が気持ちいいこの頃ですが・・・気を引き締めて取り組みます。