相続手続きのことなら何でもおまかせください|ブログ

三重県名張市の行政書士事務所|桔梗が丘松岡行政書士事務所
桔梗が丘松岡行政書士事務所 所長ブログ

相続手続きのことなら何でもおまかせください

相続手続きでお困りの方は桔梗が丘松岡行政書士事務所におまかせください遺産相続のことなら何でもご相談ください

相続手続き~相続税の申告~不動産の名義変更まで、相続手続きのことなら何でもご相談ください

私たちは相続手続きの専門家集団です

キラクを利用するメリット

1. 専門知識の結集

各士業はそれぞれ異なる専門知識を持っており、相続手続きに必要な法的、税務、労務、行政などの情報とスキルを結集し、より包括的なアドバイスとサービスを提供できます。

2. 総合的なアドバイス

相続は、法的な側面だけでなく、税金、社会保険、労働法、行政手続きなど多岐にわたる問題を含む複雑なプロセスです。士業グループはこれらすべての側面を総合的に考慮し、クライアントに対して包括的なアドバイスを提供できます。

3. 法的なアセスメント

各士業が協力することで、遺言書の作成や遺産分配に関する法的なアセスメントが迅速かつ正確に行えます。これにより、遺産の分配に関する法的紛争や誤解を防ぐことができます。

4. 税務戦略の最適化

税理士のアドバイスを受けることで、相続税や贈与税に関する最適な戦略を立てることができます。遺産の評価や贈与の計画を通じて、税金負担を最小限に抑える助言を提供できます。

5.社会保険と労務の管理

社会保険労務士は、事業承継などに関連する雇用や社会保険に関する問題に対処し、法的コンプライアンスを確保します。遺産の管理やビジネスの継続において労務問題が発生する場合に役立ちます。

6. 行政手続きのサポート

行政書士は、官公庁とのコミュニケーションや手続きをサポートし、必要な許認可や登記手続きを円滑に進める役割を果たします。行政書士の専門知識は、相続に伴う行政手続きの複雑さを軽減します。

7. トラブルシューティング

万が一、相続に関する法的紛争や問題が発生した場合、弁護士が法廷でクライアントを代表し、問題解決に向けた法的手続きを進めることができます。

8. クライアントの負担軽減

士業グループの協力により、クライアントは相続手続きに関する様々な負担を軽減できます。プロフェッショナルが専門的な役割を果たし、クライアントに安心感を提供します。

9. 戦略的なプランニング

士業グループは、相続計画を総合的に考慮し、将来の資産管理や遺産伝承に向けた戦略的なプランニングを支援します。これにより、家族の将来に向けて持続可能な財務戦略を構築できます。

士業グループが協力して相続手続きを行うことで、クライアントにとってより効果的で包括的なサービスをご提供できます。

2023年9月5日12:40 PM

相続手続きのプロセスについて

相続のプロセス:遺産の継承と分配

亡くなった人(被相続人)の財産や資産がどのように扱われ、遺産がどのように分配されるかは、法律に基づいて決定されます。このコラムでは、相続のプロセスをステップバイステップで詳しく解説します。相続は法的な複雑性を伴うことがあり、個別の状況に応じて異なる要因が影響します。したがって、相続に関する法的アドバイスを受けることが不可欠です。

**ステップ1: 遺産の評価**

相続のプロセスは、まず遺産の評価から始まります。これには、被相続人の財産や資産、負債などの全体像を把握するための評価作業が含まれます。評価には、不動産、銀行口座、投資、保険、借金、経営しているビジネスなど、様々な資産と負債を含める必要があります。

**ステップ2: 遺言書の確認**

遺言書が存在する場合、その内容を確認します。遺言書は、被相続人が財産の分配方法や相続人を指定した文書です。遺言書が明確で正当であるかどうか、法的要件を満たしているかどうかを確認します。

**ステップ3: 相続人の特定と通知**

次に、相続人を特定し、通知します。通常、配偶者、子供、孫、親、兄弟姉妹など、法的な規定に基づいて相続人が決定されます。相続人に遺産の情報とプロセスに関する通知を行います。

**ステップ4: 遺産分配計画**

相続人と協議し、遺産の分配計画を立てます。これには、財産をどのように分けるか、借金をどのように処理するか、特定の遺産に関する希望や計画を含めることがあります。協議には、家族や法的アドバイザーが参加することが一般的です。

**ステップ5: 相続税評価**

相続財産の評価に続き、相続税の評価を行います。相続税は、一部の国や地域で課される可能性があります。財産の評価が相続税にどのように影響するかを評価します。

**ステップ6: 相続税申告**

相続税申告書を提出します。これには、相続財産の詳細なリスト、評価、相続税の支払いなどが含まれます。正確な情報の提供が必要です。当事務所ではキラクという士業グループを結成しているので、相続のお手続きから相続税についてのご相談も当事務所にてワンストップで解決させていただいております。

**ステップ7: 借金の処理**

相続人が借金を相続している場合、借金の処理方法を決定します。これには、財産の売却、保険の利用、借金の支払いプランの策定などが含まれます。

**ステップ8: 相続財産の分配**

遺産分配を実施します。これは、遺言書に従って分配される場合もありますし、遺言書がない場合は法的な規定に従って分配されます。遺産分配には、不動産の名義変更、財産の売却、資産の引き出しなどが含まれます。

**ステップ9: 法的手続きの終了**

最終的に、相続手続きが終了し、遺産の分配が完了します。相続人は遺産を受け取り、その資産を利用する方法を考えることが求められます。これには、資産の運用、寄付、投資、節税戦略の検討などが含まれます。

**ステップ10: 相続の終了と資産管理**

最終的に、相続が完了し、遺産が相続人に分配された後も、資産の管理が必要です。これには、資産の運用、維持、保険の管理などが含まれます。

相続のプロセスは、家族や資産の状況によって異なります。法的なアドバイスを受けながら、遺産の継承と分配をスムーズに進めることが重要です。また、遺言書を作成することや、相続税の計画を考慮することも重要です。

相続プロセスは、家族や資産の状況によって異なる要因に影響を受ける複雑なプロセスです。相続に関する法的アドバイスを受けながら、遺産の継承と分配をスムーズに進めるための計画を立てましょう。法的なアドバイザーや専門家の助けを借りながら、遺産の処理と分配を行い、家族の将来に向けた計画を立てることが大切です。

12:22 PM

【 相続の基本】資産分けと遺産税対策のポイント

相続は、財産や遺産が代々受け継がれるプロセスです。しかし、適切な計画と知識がなければ、問題や遺産税の支払いが発生する可能性があります。このコラムでは、相続の基本に焦点を当て、資産分けと遺産税対策のポイントについて詳しく説明します。

相続の基本

相続は、遺産や財産が亡くなった人からその遺族や相続人に引き継がれるプロセスです。相続には以下の基本的な要素が含まれます。

1. 遺言書の重要性

遺言書は、亡くなった人が財産をどのように分けるかを文書化する重要な文書です。遺言書がない場合、法定相続人に従って財産が分配されることになります。遺言書を作成することで、自分の意志を尊重した財産分配が可能になります。

2. 法定相続人

法定相続人とは、遺言書がない場合に適用される相続法に基づいて財産を受け継ぐ人のことです。法定相続人は、配偶者、子供、両親などが含まれます。相続の際、法定相続人に優先権が与えられます。

3. 相続手続き

相続手続きには、遺産分割協議や遺産分割調停、裁判所を通じた相続手続きなどが含まれます。遺産分割協議が成立しない場合、裁判所が財産分配を決定します。

 資産分けのポイント

遺産分けは、財産が適切に受け継がれるように計画する重要な段階です。以下は、資産分けのポイントです。

1. 財産の評価

まず、亡くなった人の財産を正確に評価することが重要です。不動産、金融資産、個人の所持品など、すべての財産をリストアップし、その価値を把握します。

2. 財産の分配計画

遺言書を作成するか、法定相続人に従って財産を分配する計画を立てます。遺言書がある場合、その内容に従い、なるべく細かく指定します。遺産分配計画は公正で均等に行うことが重要です。

3. 節税戦略

遺産税を最小限に抑えるために、節税戦略を検討します。贈与税の活用や特別控除の利用などが含まれます。専門家の助言を受けながら、最適な節税戦略を策定しましょう。

 遺産税対策のポイント

遺産税は、相続人にとって大きな負担となることがあります。以下は、遺産税対策のポイントです。

1. 適切な控除と免除の利用

遺産税の対象となる財産の中から、適切な控除や免除を活用することで、課税額を減らすことができます。例えば、配偶者控除や住宅免除などがあります。

 2. 贈与と贈与税

贈与を通じて財産を事前に贈与することで、遺産税負担を軽減できます。贈与税のルールや制限について理解し、贈与戦略を計画します。

 3. 生前贈与計画

相続前に贈与を行う生前贈与計画は、遺産税対策の効果的な手段の一つです。適切なタイミングや金額を検討し、贈与計画を立てます。

まとめ

相続の基本、資産分けのポイント、遺産税対策のポイントについて、このコラムでは詳しく説明しました。相続に関する正確な情報を持ち、適切な計画を立てることは、遺族や相続人にとって重要なステップです。専門家の助言を受けつつ、将来のための計画を着実に進めていきましょう。

相続に関する知識を深め、資産分けと遺産税対策を計画的に行うことは、家族や相続人にとって将来の安定と財政的なセキュリティを提供する重要なステップです。以下は、まとめの要点です。

 4. 専門家の助言を受ける

相続に関する法律や税金の規則は複雑で変化することがあります。専門家、特に弁護士や税理士と協力して、最善の戦略を立てましょう。彼らは法的なアドバイスと専門知識を提供して、遺産税を最小限に抑える手助けをします。

 5. 資産評価と文書化

正確な資産の評価と文書化は、相続手続きにおいて不可欠です。遺言書や財産の文書化に時間をかけ、情報を整理しましょう。これは、相続手続きをスムーズに進めるために不可欠です。

 6. 長期的な視野を持つ

相続計画は将来にわたるものであるため、将来の変化や家族構成の変動に対応できるように設計されるべきです。計画は定期的に見直し、変更が必要な場合は調整されるべきです。

 7. 遺産と家族の未来を守る

最終的に、相続計画の目的は遺産と家族の未来を守ることです。遺族の間で紛争が生じないようにするためにも、明確な計画と遺言書が不可欠です。また、遺産税の支払いを最小限に抑え、家族に財政的な負担をかけないようにするためにも、適切な戦略を追求しましょう。

最終的に、相続計画は一家族にとって非常に個別的であり、状況に応じて異なります。したがって、専門家のアドバイスを受けつつ、具体的な状況に合わせた計画を策定することが肝要です。家族の将来に対する配慮を持ちながら、遺産と財産を効果的に管理し、保護するためのステップを踏みましょう。

相続に関する詳細な情報や具体的なアドバイスが必要な場合は、専門家に相談し、個別のアドバイスを受けることをお勧めします。

2023年9月4日5:56 PM

アドバンスコープさんにテレビ取材をしていただきました

地元のケーブルテレビ(CATV)アドバンスコープさんに「遺贈寄付ガイドブック」についてテレビ取材をしていただきました。

ケーブルテレビアドバンスコープさんの取材をうけました

・遺贈寄付とは

・遺贈寄付ガイドブックの活用について

・どんな想いで制作したのか

などなど お話させていただきました。

【放送予定について】

9月6日18時~7日17時の間のニューストピックスで放送していただけるようです。

スマホから「adsコネクト」というアプリをダウンロードすれば県外の方も視聴可能です。

もしよろしければ是非ご覧になっていただけますと嬉しいです。

2023年8月31日11:08 AM

相続土地国庫帰属制度について

「相続で取得した」不要な土地を国が引き取ってくれる制度がはじまりました

相続土地国庫帰属制度のご相談はお気軽にお問い合わせください

令和5年4月にスタートした本制度、利用できる方は以下の通りです

【申請可能な方】

相続や遺贈(相続人に対する遺贈に限られます。)により土地の所有権を取得した相続人

(共有持ち分を取得した共有者も申請可能です)

本制度の注意点について
  • 制度の利用には審査手数料(1筆につき14,000円)、及び負担金の納付が必要です
  • 引き取ることの出来る土地には一定の要件があります
  • 申請する先は土地所在の法務局の本局です

申請までの3ステップ

STEP1 専門家へ相談する

業務として申請書等の作成の代行をすることができるのは、専門の資格者である弁護士、司法書士及び行政書士に限られます

ご相談の際には以下の資料があればスムーズです

<資料の具体例>
・登記事項証明書又は登記簿謄本
・法務局で取得した地図又は公図
・法務局で取得した地積測量図
・その他土地の測量図面
・土地の現況・全体が分かる画像又は写真

STEP2 申請書類の作成・提出

引き取りが可能な土地には一定の要件があり、以下のような土地は引き取ってもらえません

<引き取り出来ない土地の例>

  • 建物が建っている土地
  • 境界が明らかでない土地
  • 担保権又は使用及び収益を目的とする権利が設定されている土地
  • 通路その他の他人による使用が予定される土地が含まれる土地
  • 土壌汚染対策法上の特定有害物質により汚染されている土地
  • 崖(勾配が30度以上であり、かつ、高さが5メートル以上のもの)がある土地のうち、その通常の管理に当たり過分の費用又は労力を要する土地

この他にも細かい要件があるので、詳しく知りたい方はご相談ください。

※万が一上記に該当することを知らずに申請した場合、手数料納付後においては、審査の結果却下、不承認となった場合でも審査手数料は返却されません。

STEP3 負担金の納付

負担金とは、土地の性質に応じた標準的な管理費用を考慮して算出した、10年分の土地管理費相当額です。要件審査を経て承認を受けた方は、負担金通知を受け、政令によって定められた金額を支払う必要があります。

負担金は原則20万円ですが、申請土地が「宅地」なのか「農地」なのか「山林」なのかによっても算出方法が異なります。

 

2023年8月25日3:19 PM

太陽光発電事業の名義変更と相続手続き

太陽光発電施設の相続手続きについて

相続人の方が引き続き電気を売るためには太陽光発電事業の名義変更手続きが必要です。

太陽光発電事業の名義変更

【必要書類について】

  1. 設備ID
  2. 事業者ID
  3. パスワード(わからない場合はご相談ください)
  4. 亡くなられた方の戸(徐)籍謄本
  5. 亡くなられた方の住民票除票
  6. 法定相続人全員の戸籍謄本
  7. 法定相続人全員の印鑑証明書

費用について

太陽光発電施設の名義変更手続き  44,000円(税込)

戸籍類はこちらで代理取得が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

2023年8月8日1:35 PM

お盆休み期間のお知らせ

いつも当事務所をご利用いただき誠にありがとうございます。

当事務所のお盆休み期間は下記のとおりです。

■お盆休み期間

8月11日(金)~16日(水)

休み期間中にいただいたお問い合わせは17日よりご対応させていただきます。

ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

 

2023年8月5日8:42 AM

2024年4月1日から相続登記義務化がはじまります

いままでは、相続で引き継いだ土地の名義変更はしてもしなくてもどちらでもよかったのですが、令和6年4月1日からは、必ず相続登記申請を相続発生を知ってから3年以内にしなくてはいけなくなります(義務化)。未申請のまま放置しておくと10万円以下の過料になったり、相続人が亡くなったりして代襲相続がはっせいして相続人の数が増えて手続きに多くの費用と時間がかかってしまいます。

令和6年4月から相続登記義務化がはじまります

相続登記の必要書類

・遺産分割協議書

・相続人全員の印鑑証明書

・被相続人の出生から死亡までの戸籍と最後の住所地がわかる住民票除票または戸籍の附票(または法定相続情報一覧図

・相続人全員の現在戸籍

・新しく所有者になる人の住民票

・相続関係説明図(または法定相続情報一覧図

・登記申請書(法務局にあります)

・登録免許税(法務局で収入印紙を購入します)

このような方はご相談ください

☑相続登記を済ませたいけど、費用はお安く抑えたい

☑戸籍の収集だけ専門家におまかせしたい

☑まずは自分でやってみて無理そうならお願いしたい

☑書類が揃っているか確認してもらいたい

☑法務局へは自分で行くので必要書類を準備して欲しい

相続人が増えれば手間も費用も増加していくので、相続登記はお早めに済ませましょう。すぐに遺産分割協議がまとまりそうにない場合は、相続人申告登記を済ませておけば、10万円の過料は免れることになります。その後は、遺産分割協議成立したら、3年以内に相続登記を完了させましょう。

2023年7月26日4:02 PM

ついに遺贈寄付ガイドブックが完成しました!

 

今年の春から手掛けていた遺贈寄付ガイドブックがついに完成しました。
名張市・伊賀市初!!遺贈寄付ガイドブック
遺贈寄付ガイドブック
皆様のご協力をいただき、とっても素敵な、まるで絵本のように見ていてほんわか心があったまるような温もりある一冊に仕上がりました。
制作、デザインのお手伝いをしていただいたのは
@itsuki_tm_design さんです!
昨年から伊賀に移住してご夫婦で活動されています。
当事務所としてははじめての冊子制作…
内容はどんなものにしようかな?
ページの割り付けは?
文章は上手く書けるかな…
団体さんは掲載させていただけるかな…
不安だらけのスタートでしたが
「まつおかさん、気軽にお話ししましょうー!」
と、家事がおわる時間に合わせてzoomして下さったり、
安心して最後まで気持ちよくお任せできました。
終始サポートありがとうございました!
三重県名張市の行政書士事務所桔梗が丘松岡行政書士事務所
裏表紙にはとても素敵な当事務所のイラストを描いてくださっています。
(サプライズでポストカードにしてプレゼントしてくださいました。感激です。事務所に飾ります!)
ガイドブックの内容についても遺贈寄付の流れについてわかりやすく
遺言書の記載例なども掲載させていただきました。
ぜひ皆さまお手にとってご覧いただけると嬉しいです。
つきましてはこちらのガイドブックを設置していただける場所を募集させていただきます🍀
置いていただけるかたは☎0595-54-6222までご連絡お願いいたします。
あさって開催の遺言書講座に参加される方にはお渡しできそうです♪
どうぞお楽しみに(^^)
三重県名張市・伊賀市の遺贈寄付ガイドブック

 

2023年7月12日8:20 PM

7月14日(金)はじめての遺言書講座開催のお知らせ

7月14日はじめての遺言書講座チラシ

■日時:2023年7月14日(金)

13:30(受付13:15~)~15:00

■会場:FLAT BASE 名張市元町433-8 ※駐車場に限りがございます

■対象:自分で遺言書を書いてみたい方、相続の悩みを専門家に相談したい方

■申込方法:お電話(☏0595-54-6222)またはチラシ記載のQRコードからお申込みください

■定員:先着8名様 定員に達し次第締め切りとさせていただきます

■講座内容

・遺言書の種類と違いについて

・遺言書の作り方と流れ

・遺言書をかいてみよう

【本講座へのお申込みお問い合わせ先】

桔梗が丘松岡行政書士事務所 TEL0595-54-6222

実際に便箋に遺言書を書いてみます。今回は予備的遺言を活用して遺贈寄付を行う遺言書を書いて学んでいただきます。

ご質問などございましたら事前にお問い合わせいただければ、詳しい資料をお持ちいたします。

どうぞお気軽にご参加ください。

2023年7月5日12:20 PM